修了論文題目一覧

修了生と修了論文題目一覧

2021年度
  • 木村康孝, 人工知能技術を用いたダークウェブ上からのインテリジェンス抽出システムの開発
  • 白石敬典, 自律型IoTシステムのためのレジリエント・アーキテクチャに関する研究
  • 黄明阳, 職業とフィッシング成功率の関係
  • 加藤一樹, 偽サイト検出のためのWebクローリングシステムの開発
2020年度
  • 青柳守俊, ニューラル機械翻訳モデルを用いたバイナリコード類似性比較のための特徴抽出手法
  • 小林雄祐, TOMOYO Linuxにおけるセキュリティポリシー分析手法の提案
  • 髙橋孝輔, Intel SGXを用いたサーバーにおけるチート対策のクライアント委任手法
  • 千脇貴之, メモリ破損脆弱性を利用した攻撃に対するRustを用いた対策手法
  • 増渕維摩, 類似バイナリコードの検出を目的とした関数埋め込み手法の提案
2019年度
  • 井上仁人, HTTPリクエストの調査と偽のUser-Agent値の識別方法の提案
  • 門口雅志, 機械学習を用いたダークウェブ上のインテリジェンス抽出
  • 神田敦, 乱数性を用いた暗号化通信の識別
  • 小林華枝, ダークウェブ上に蔓延する違法有害情報の自動分類エキスパートシステムの開発
2018年度
  • 井上洋樹, TrustZone Technologyを利用したアクセス制御ポリシーの保護手法
  • 小倉有花, Processing言語を用いたセキュアOS/侵入防御効果の可視化手法
  • 栗原直樹, 機械学習を用いた偽サイト検知
  • 杉生雅樹, 囮システムを用いる欺瞞技術の有効性検証
  • 瀬川周平, 短距離無線通信向け脆弱性検査ツールの初期的検討
  • 三石靖裕, 海事サイバーセキュリティの現状と課題
2017年度
  • 葦津誠, メモリ・フォレンジクスツールの評価手法に関する研究
  • 小池拓矢, プロセス情報とファイルアクセス情報に基づく悪性活動の紐付け方式
  • 下村忠資, 悪性活動の機能種別に着目した機械学習によるマルウェア検知手法
  • 田村壮世, CNNを用いたPE内関数の類似性によるマルウェア検知手法
  • 林翔太, 機械学習を用いた脅威インテリジェンス抽出手法
  • 水田明美, Connected Industriesにおける秘密情報の活用と管理のあり方について
2016年度
  • 末次信貴, APIコールの使用頻度からみるマルウェア機能分類ごとの挙動考察
  • 田中郁夫, マルウェア検知に関するメモリフォレンジックツールの機能評価
2015年度
  • 都丸裕大, 侵入防御のためのプロセス活動リンク付方式の提案