★ 大久保 隆夫 (教授)



大久保 隆夫 : Takao Okubo

情報セキュリティ大学院大学
情報セキュリティ研究科 教授


email okubo [at] iisec.ac.jp
Twitter @drokubo
facebook okubo.takao
researchmap researchmap
脅威分析研究会/SIGSTA Webサイト
科研費研究者番号 80417518


■ 略歴

1991年 東京工業大学物理情報工学専攻修了
株式会社富士通研究所に入社
リバースエンジニアリング、分散開発環境、アプリケーションセキュリティの研究に従事
2006年 情報セキュリティ大学院大学入学
2009年 同修了 博士 (情報学)
2013年 本学准教授
2014年~ 本学教授
情報処理学会同学会コンピュータセキュリティ研究会専門委員
rePiT(実践的IT教育研究会)運営委員、IEEE CS会員、ACM会員


■ 主な研究テーマ

脅威分析
システムセキュリティ (Web/IoT/制御)
セキュリティパターン
サイバー攻撃対策
マルウェア解析、ハッキング技術
セキュリティとセーフティ
AI応用システムのセキュリティ


■ 著書

1. 『イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本』 (みやもとくにお, 大久保 隆夫), SBクリエイティブ, 2017年


■ 主な研究業績

1. 大久保 隆夫: 「企業におけるセキュリティ分析技術の実効性」 <特集>セキュリティ要求工学の実効性, 情報処理 No.50, vol.3, pp. 230-234, 2009年
2. 大久保 隆夫, 田中 英彦: 「効率的なセキュリティ要求分析手法の提案」 情報処理学会論文誌 Vol.50, No.10 pp.2484-2499, 2009年
3. Takao Okubo, Haruhiko Kaiya and Nobukazu Yoshioka: "Analyzing Impacts on Software Enhancement Caused by Security Design Alternatives with Patterns,International Journal of Secure Software Engineering" Vol.3. No.1. pp.37-61, 2012年
4. 吉岡 信和, 大久保 隆夫, 宗藤 誠治: 「セキュリティソフトウェア工学の研究動向」, コンピュータソフトウェア Vol.28, No.3 pp.43-60, 2011年


■ 表彰等

コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2006 論文賞
コンピュータセキュリティシンポジウム キャンドルスターセッション(CSS×2.0)2014 三等星


■ 委員等

脅威分析研究会幹事: 脅威分析研究会について詳細は こちら


■ 担当科目

ソフトウェア構成論
アルゴリズム基礎
情報セキュリティ技術演習I
実践的IoTセキュリティ
研究指導


■ スケジュール