情報セキュリティについて、
アクセス制御を軸に研究を進めています。

情報セキュリティは情報・通信の安全性を支える基盤であり、アクセス制御はその基礎をなします。橋本研究室は、2015年10月、情報セキュリティ大学院大学情報セキュリティ研究科に新設された研究室で、アクセス制御の理論や実装に関する研究を通じ、より安心・安全・快適で、豊かな情報社会の発展に貢献することを目指します。

主要な研究領域は、オペレーティングシステム・セキュリティとネットワーク・セキュリティで、具体的には、侵入検知/防御、サイバーインテリジェンス、サイバー攻撃技術、SELinux、TOMOYO Linux、デジタルフォレンジック、マルウェア解析、Honeypot、ポリシ記述言語等の研究を進めています。

また、橋本研究室では産官学連携を積極的に推進しており、2017年10月現在、一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター、株式会社アイネス総合研究所、デロイトトーマツリスクサービス株式会社等との共同研究が進行中です。

Copyright © 2017 情報セキュリティ大学院大学 情報セキュリティ研究科 橋本研究室.
All Rights Reserved.